Please reload

最新記事
カテゴリー

産後3ヶ月 仰向けで寝るとお尻の骨があたって痛い(30代女性)

産後3ヶ月。1人目の出産後は何も症状なかったが、二人目の出産後は、仰向けで寝るとお尻の骨があたり痛みがある。それに伴ってか、最近はじんわりとした腰痛も感じる。週1回ピラティスをやっているが、仰向けになると痛みが出るため骨盤が歪んでいるか心配になり来院した。

 

初回の状態

横から見た姿勢 腰の前弯が大きい(腰の反りが大きい)

仙骨下部に圧痛がある

第5腰椎の動きが悪く、痛みがある

仙骨は前傾しており、腰仙部を開く状態をつくると痛みが消失する

 

経過

1回目の施術

腰部の前弯が妊娠出産に伴い大きくなり、そのため仙骨が前傾して仰向けになったときに仙骨下部に痛みが出る。腰仙部を開くような動きをつけ、動きの悪い第5腰椎を矯正した。腰の反りは、産後の腹筋の弱化によりさらに強くしており、それによって負担のかかった腰を支える筋肉を緩めた。

 

2回目の施術(2日後)

腰の痛みは軽減したが、仰向けで仙骨の痛みはまだ残っているとのこと。前傾した仙骨を矯正して、反りの強い腰仙部を開くように継続治療。

 

3回目の施術(1週間後)

以前より仙骨のあたる面が広くなって痛みが軽減。仰向けでもあまり気にならなくなったとのこと。

継続して治療を行い、腰の反りを軽減するために、腹筋を指導した。

 

4回目の施術(1週間後)

継続治療。

以前のような痛みはないが、たまに腰が反っていると感じる。姿勢指導を行い、メンテナンスへ移行した。

 

担当 橘田のコメント

この患者さんはもともと腰部の前弯が強いと思われますが、妊娠・出産に伴い悪化したのでしょう。腹筋が弱化しており、逆に腰を支える筋肉は過度なストレスをかかえ痛みを出していました。このような状態が、腰部の前弯を強めて仙骨の前傾を生じさせ、結果的に仰向けでの仙骨の痛みを発症させました。産後は、特に骨盤周囲が不安定になりやすいので、日頃のストレスが症状として出やすいので、気になる方は一度カイロプラクティックの治療をおすすめします。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

タグから検索

アクセス : 横浜市西区南幸2-16-20 YKビル4F

全日 : 10:00~20:00

​休み : 祝祭日

営業時間
電話番号 : 0453139886
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now