Please reload

最新記事
カテゴリー

妊娠6ヶ月、腰痛で寝返りがつらい。足が筋肉痛。(30代妊婦)

来院時妊娠6ヶ月。安定期過ぎたくらいから腰に張りを感じるようになり始めた。3歳になる子を抱っこすることもあり、腰に負担がかかりやすいく、痛みは徐々に強くなり、寝返りで腰に痛みが走るようになった。足にも張りが出て、全体的に足が筋肉痛があり、歩いているとふらついてしまうような状態。妊娠中もみてもらえるところを探し、リガーレ・カイロプラクティックへ来院。

 

初診時の状態
・前屈は大丈夫だが、後屈で腰の痛みが生じる。足の痛みは可動で増悪しない。
・右腰部に強い圧痛がある。
・寝返る動作。寝ている状態から右腰を上に持ち上げていく動作で腰に痛みが生じる。
・肩こりもひどく、だるい。

経過
・1回目の施術で、足の張り感・筋肉痛はほとんどなくなり、歩行時の不安定感も軽減。寝返り時の痛みも半減。

・1週間後の来院時まで、良い状態をキープできていた。同様の施術を行い、ストレッチを指導した。

・2週間後に3回目の施術。2週間間隔が空いてしまうと寝返りの痛みはまた出てきてしまうが、来院時ほどの激痛ではなく、気をつければズキッと走ることはないとのこと。
足の張り感や歩行時の不安定感はほとんどないとのこと。たまに足がつってしまう。

・2週間後に4回目の施術。同様の状態が続いている。

これ以上ひどくならないように2~3週間に1度のペースでメンテナンスしている状態である。
 

担当 日野コメント

おなかが大きくなると腰に負担がかかりやすくなってきてしまいます。この方の場合、元々反り腰ぎみだったため、おなかが大きくなった影響で反り腰が強調され、腰痛がひどくなりやすい傾向にありました。

おなかが大きくなってしまうと普通の人ならできるはずのストレッチができなくなってしまったり、施術もできることができなくなってしまったり、といろいろと改善させるのに制限がかかってしまいます。

さらに、おなかはどんどん大きくなっていってしまうので、「施術後は良いけど、また元に戻ってしまうんです」というような、イタチゴッコのような状態になってしまうこともあります。

妊娠中にひどい症状が長引いてしまうと産後もひどくなりやすい傾向があるので、臨月までメンテナンスをしていくことを勧めています。

妊娠中に腰痛や臀部痛などある方は、ひどくなる前に一度カイロプラクティックを受けてみてはいかがでしょうか。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

タグから検索

アクセス : 横浜市西区南幸2-16-20 YKビル4F

全日 : 10:00~20:00

​休み : 祝祭日

営業時間
電話番号 : 0453139886
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now