Please reload

最新記事
カテゴリー

産後にお尻の痛みを発症 (30代女性)

出産をしたことを機に殿部に痛みとだるくうずくような感じが出現。

それが強くなると膝まで痺れが出てくる。特に座っている時や寝る直前に一番痛みを感じる。しかし、家事等をしていれば痛みはそんなに感じることはない程度である。

 

<初回の状態>

・立位姿勢で、腰は前弯の減少

・腰部、骨盤、股関節の動作時に主訴の痛みは出てこない

・大腿周りの筋と殿部の筋の緊張がとても高い

出産をする準備として体は殿部の筋肉を緊張させ骨盤を広げる。その影響が産後消える方もいれば、残る方もいるため、この方は普段の生活でも殿部筋を使う傾向があったと考え、出産により自覚症状として発症したと考える。

 

<経過>

一回目の施術

緊張の高い腰部と殿部の筋肉に対して緩和操作を行う。

また、股関節後面の筋肉に対してはしっかりストレッチを行う。その後、骨盤を閉じる方向へ動きをつけた。

 

二回目の施術(1週間後)

一回目の施術から1周間でご本人の自覚として日常ででくる痛みは平均して下がっているが、

やはり殿部の奥の方にうずくような感じは残っている。

 

三回目の施術(1週間後)

二回目の施術と状態が変わらないため、関節を動かすことよりもしっかりと筋肉に対して刺激を入れる方法へ切り替える。

 

 

四回目:一週間たっても殿部のハリはほとんど感じなくなった

 

五回目:前回より三週間空いたが二週間は調子良好な状態が続いた。

    さららに三週間空け経過を観察する。

 

担当者 橘田コメント

出産のために骨盤は内圧を高め、外へと広がろうとします。その時に殿部の筋肉もその動きを助けるため収縮するのですが、それが産後元に戻らず収縮し続けてしまう方がいます。

筋肉に直接アプローチする方法をとったことで主訴の痛みは消失しました。しかし、症状が改善しても、生活習慣が変わらなければ再発のリスクがあるため、それを下げるためにもしっかりと日常で気をつけるべき動作を指導しセルフケアでできることもアドバイスしました。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

タグから検索

アクセス : 横浜市西区南幸2-16-20 YKビル4F

全日 : 10:00~20:00

​休み : 祝祭日

営業時間
電話番号 : 0453139886
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now