Please reload

最新記事
カテゴリー

産後6ヶ月 腰痛と右膝の痛み    (20代女性)

もともと腰痛はあったが、産後に授乳することで痛みが増した。それに伴ってか分からないが、右足重心になり、右膝の痛みを感じる。膝は歩行中に感じることが多い。妊娠前から体重は14キロ増加して、産後4キロ戻っていない。
 

<初回来院時の状態>
骨盤に歪みがあり、左右の足の長さが違う
右の臀部の筋肉の緊張が強い
体を反らすと痛みがあり、胸椎から腰椎にかけての背骨の動きが少ない。
うつ伏せになると右の骨盤が浮いている。

<経過>
一回目の施術
臀部と大腿の外側にある筋肉を緩め、骨盤の歪みを調整した。また、骨盤の開きを安定させるため、骨盤ベルトをつけてもらった。骨盤の歪みにより右膝に負担がかかっていると考えられ、腰部・骨盤の施術を行い様子をみる。

二回目の施術(1週間後)
施術後は調子がよかったが、三日前から徐々に再発。長く座っていると尾骨に痛みが出てきた。膝の痛みは消失しており、膝の問題ではなさそうなので、継続てきに施術。骨盤の歪みが戻り、やや右の臀部の筋肉の緊張が残っている。骨盤を調整し、股関節に関わる筋肉をストレッチする。また、胸椎から腰椎の動きが悪い部分を矯正した。
 
三回目の施術(1週間後)
右膝の痛みはなくなったが、右膝前面の重たい感じがある。
うつ伏せになったときの骨盤の浮きは少なくなった。膝に付着する太もも前面の筋肉の緊張を緩め、骨盤を調整した。骨盤ベルトを施術後すぐ着用していることもあり、安定してきたのか、重心もズレずに腰痛もなくなっている。症状安定しているので、メンテナンスへ移行する。

 

担当者 橘田コメント

産後は骨盤が開きやすく、その患者さんの場合は骨盤がずれたことにより、バランスが崩れ右足重心になり、右膝へ負担がかかったものと思われます。特に妊娠中に体重が増加して完全に妊娠前の体重に戻ってなければ、今まで以上に足腰には負荷がかかるので、ちょっとしたことで痛みを招くこともあります。産後の症状は早めの治療が効果的です。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

タグから検索

アクセス : 横浜市西区南幸2-16-20 YKビル4F

全日 : 10:00~20:00

​休み : 祝祭日

営業時間
電話番号 : 0453139886
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now